初心を思い出す 「正老牌魷魚平」

since 2008年、台湾生活とともに始めた当ブログ。一応3,4年やってます。

ですが、、、まぁ、気付いているコアな読者様はいらっしゃらないと思うんだけど、^^;
2008年あたりの記事がバッサリ無くなっております。
ブログを引越しする時に、一応全部引っ張って来てはいるんですけどね。
古い記事を整理したかった、て事もブログ引越しの理由だったりするので、
アップするかしないを含め、ただ今諸々調整中です。

でも、古い記事の検索ワードでこちらに辿り着かれる方も結構いらっしゃるので、
再訪記事かねて、新たにリメイクものを作ろうかと思いまして

最近、初期の記事で紹介したお店をちょこちょこ再訪しまわってます。

+ + + + + + + + + +

その第1弾のお店。

来台当初、ガイドブック片手に一人で訪れた日の事を今もよく覚えています。
以後、何度か訪れてはいますが、ここ1年以上はご無沙汰してました。

炒米粉(ビーフン)スープのみで勝負している西門町の 正老牌魷魚平


e0256224_1811394.jpg


米粉ともやし、その上に肉そぼろをジャッとかけただけのシンプルな炒米粉。
台湾ではよくある基本の炒米粉のスタイルですね。
たまに、油っぽいモノに出くわす事もありますが、ここのは全然大丈夫。

本場新竹の炒米粉は未体験だけど、とりあえず、台北ではここの炒米粉がイチバン好きだ~

e0256224_20333.jpg


肉そぼろの味がまた絶妙。↓ 食べた瞬間、甘醤油系豚ひき肉の旨味とニンンクのフレーバーがほわ~ん。
ビーフンの歯ごたえと、シャキシャキもやしの口当たりも楽しい。

e0256224_12274997.jpg


そんなに量も多くないので、一皿ペロリです。

そして、いかのすり身のとろみスープ 魷魚羹
いかのすり身・大根・黒きくらげ・タケノコ・金針花と具だくさん。
その上に、九層塔がパラリと。(以前は香菜だったと記憶してるんだけどなぁ・・・)

e0256224_1431245.jpg


いかのすり身はプーリプリで色々な旨味がスープに出てるんだろな、濃厚で滋味深い味。

※注文すると、辛いタレと九層塔(香菜のようなもの)が要るかどうかを聞かれます。
不要の場合は、「不要辣(プヤオラー)」、「不要香菜(プヤオシャンツァイ)」と言いましょう。


創業1965年、もうすぐ50年老店となるこちら。
飲食店の淘汰が激しい台湾では、なかなかすごい事です。

初めて来た時のような「なんじゃこりゃー!」な感動はありませんが
長年お店が続いているにはワケがあって、久しぶりに食べても
満足感と言うか口福感と言うか、やっぱり美味しい♪

久々にこちらの2大勝負メニューを堪能いたしました。

何でご無沙汰してしまってたんだろう、また近々来よう。

正老牌魷魚平
台北市萬華區康定路2號 地図
営業時間:10:00~21:00 
定休日:月曜


久しぶりに来てみたら、看板が平面から3Dにバージョンアップしてました。しかも、このツブツブは電飾か。

e0256224_18114115.jpg


お店は相変わらず、路上にテーブルと椅子を並べた半屋台風だったけどね~。^^



[PR]

by haletpe | 2011-12-21 19:06 | グルメ  屋台・食堂系 @ taiwan