朝から外食 世界豆漿大王

こういうネタは、ご旅行の方のほうがきっとお詳しいんだろうな。

台湾の朝ごはん

実はワタクシ、そういう店に行った事がありません。

旦那は、家でネットでニュース見ながらゆっくり朝食を食べたい人だし、
住んでると、わざわざ朝ごはんを食べに出掛けるという気分にならないもので
とにかく、台北暮らし3年超になりますが、行った事がありません。

旦那が日本に出張で不在だったので、
昨日、思い立ってひとりで近所の朝ごはん屋さんに行ってきました。

中山北路の国賓飯店の裏手にある「世界豆漿大王」。

ずっと前から一度トライしてみたかった、

鹹豆漿

e0256224_1231719.jpg

目が覚めるような、真っ黄のテーブルだった^^;

台湾では豆乳の事を豆漿と言うのですが、その前に「鹹」という字が付くものは
酢、醤油、ラー油などで味付けされたもので、ネギ・桜海老・榨菜・揚げパンなどの具が入ってます。
酢の作用で豆乳がゆるく固まるそうで、まさに食べる豆乳。

とにかく、入ってる具からして全部好きだし。
半固まりの部分とスープと具を一緒にスプーンですくっていただきます。
温かくてやーさしーいお味。お酒飲んだ翌日なら、五臓六腑に染み渡る~というところでしょうな。


そして、もうひとつ注文したのが菜脯蛋餅

e0256224_13275842.jpg


クレープみたいな生地に卵焼きを入れて焼いた普通の蛋餅に、
菜脯(切干大根の漬物)が入っているバージョンのものです。

これがですね、大ヒットでした。

ふわんとした卵焼きの味と、菜脯のほどよいしょっぱさのバランスが絶妙。
カリツと香ばしく焼き付けられた生地の食感と、菜脯のコリコリ感もイイ!
台湾料理としても有名な菜脯蛋(切干大根入りオムレツ)が美味しいのだから当たり前なんだけど、
まさに名脇役「菜脯」だ。

本来は、テーブルにある甘い醤油ダレみたいなのをかけるものなんだろうけど、
なくても美味しい。いや、これは多分ない方が美味しい、笑。


こちら朝ごはん屋さんだけど、昼近くまでやってるみたいです。
低血圧グズ野郎な私でも間に合いそうなので、また訪れてみたいと思います。


世界豆漿大王台北ナビの記事
台北市林森北路310巷27号 地図(02)2567-3115




[PR]

by haletpe | 2011-11-28 15:11 | グルメ  屋台・食堂系 @ taiwan