食記 まとめて蔵出し 小吃編

実際にお店に行って、そこで食べ、写真を撮り、
いつかブログにアップしよう、と待機中のネタが、待機のまま終わってしまう、、、

まぁ、私的にはよくある事でして。
実際にブログに上がっているのは、全体の3割程なので、、、。lノД`)=3

さすがに半年以上のものは無理として、今回は、ブログをお休みしていたここ3ヵ月の間に
ため込んだそんなネタたちを、いくつか蔵出ししようと思います。

+ + + + + + + + + + + + +

まずは、~ 台湾 小吃編 ~

1. 中正記念堂に来たらセットで行くがよろし、の
魯肉飯の超有名店、金峰魯肉飯

ガイドブックの常連店ですが、地元の人にもしっかり人気のお店で、
昼時を外しても結構な確率でほぼ満席。一人飯では毎回相席です。

e0256224_13272342.jpg


香菇魯肉飯(小)25元 + 煮卵10元

甘辛トロトロ豚肉&椎茸を白飯と一緒にかき込み、間に時々さっぱりウリの漬物。

ザ・安定感!あぁ、旨い。


e0256224_13273623.jpg


蛤仔雞湯50元(ハマグリと鶏肉のスープ)

蛤だけとか、鶏肉だけのスープはよくあるけど、両方一緒のスープは結構珍しいかも。
あっさりしてるけど具材の旨味がよく出てて、ずーっとすすっていたくなるスープです。


金峰魯肉飯
台北市羅斯福路一段10號之2 地図
02-2396-0808
8:00-25:00(第2、3日曜は20:30まで)




2. MRT 芝山駅からすぐの芝山小吃

この辺には滅多に来る事はありませんが、天母sogoのセールの時に寄ってみました。

e0256224_1329420.jpg



炸醤麺。もうだいぶ前の事なので記憶が薄れてるけど、麺もシコシコで美味しかったです。



旦那が注文した牛肉飯。

e0256224_13284980.jpg


牛肉麺の丼バージョンですな。お肉が軟らかくて美味しかったって。
台湾の方のブログで牛肉麺が安くてウマイというのを見たので、また行きたいなー。

芝山小吃
台北市士林區福華路145號 地図
02-2835-1956



3. 阿城鵝肉

羊肉と並び、台湾に来てから好きになった食材「鵝肉(ガチョウ肉)」のお店です。

e0256224_13292335.jpg


弾力があって、しっとりジューシーな鵝肉~。(120元)

更に接写。

e0256224_13294198.jpg


スモークされた薄切り鵝肉を、生姜の千切りと一緒に添付のタレにからめて頂きます。
肉汁ジュワっ、美味し!

一人ランチだったんで後半半分は、濃厚さに若干胃がもたれてきたけども。
鵝肉はやっぱお酒に合う。お酒に合うものは、たいてい白米にも合うんで、

鵝油拌飯(小)15元を注文。
一般的にガチョウを食べない日本人には更にに馴染みのないモノ、「ガチョウの油」を絡めたご飯なのだそう。

e0256224_13295543.jpg


うーん、もうちょっと白飯が美味しければもっとオイシイだろうになぁ~ってのが正直な感想でしたが
(こういう時につくづく日本の米はおいしいと思います・・・)

鵝肉以外にも色々なメニューがあるようなので、夜に居酒屋使いしてもいいお店です。

阿城鵝肉

台北市中山區吉林路105號 地図
02-25415238



4. 大来小館

昔、魯肉飯の大会でチャンピヨンになったお店として有名です。

こちらの魯肉飯は、八角などの台湾テイストが苦手な方にも
お気に入り魯肉飯としてよく紹介されてますね。

その魯肉飯。

e0256224_13301885.jpg


全体的にあっさり系の魯肉飯って感じかなぁ。
私は、もはや八角センサーはほとんど利いてませんし^^;
あっさりもこってりも両方イケマス、マズイ魯肉飯は無い!ちゅう人なので、
もちろん、ここのも好好吃でした♪


e0256224_13303764.jpg

滷大腸。


お店の人のオススメでした、櫻花蝦炒作筍(桜海老とタケノコ炒め)

e0256224_13304946.jpg


魯肉飯のおいしい店と聞けば、品数も少なくて(金峰みたいな)いかにも食堂みたいな店を想像しがちですが、
リニューアルされた新店舗はとってもにキレイだし
上の櫻花蝦炒作筍などのように、こちらは小菜の域を超えたお料理も豊富な台湾レストランです。
ご参考までに → 台北ナビの記事
アテンドにもいいかも♪

大来小館 

永康旗艦店:台北市永康街7巷2號1樓 地図  (02)2357-9678
麗水店:台湾台北市大安区麗水街13巷2號 地図  (02)2356-7899 ※麗水店は月曜日定休


5. 君悦排骨

説明する間でもないですわな。

サクっとジューシー台湾版トンカツ丼、排骨飯のチェーン店「キミエツパイコー」。

e0256224_13311491.jpg

大きな丼に入った白飯の上には、キャベツ・肉そぼろ・酸菜・切り昆布など、具が沢山乗っていて、
別皿でやってくる揚げたて排骨♪を、更にその上に乗っけた図が、↑の写真。

総カロリーが凄そうなので、ご飯は1/3は残そう、お肉も1切れぐらいは残そう、
と毎度思うのですが、そうなったためしがありません~ ♪


君悦排骨
台北市敦化南路一段188號 地図 
02-2751-9783


以上、ここ数か月の食記 蔵出し 小吃編でした。


ランキング参加してます。よかったら下のバナーポチッと押してってください。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ


[PR]

by haletpe | 2013-01-31 13:37 | グルメ  屋台・食堂系 @ taiwan | Comments(6)

西門 萬年大樓B1 金園排骨


若者が集う街、西門町の一角。

思わずトイカメラ風にレタッチしたくなるような、

哀愁漂う このビルの地下1階には、美食広場(レストラン街)があり、

e0256224_10445330.jpg


そこに、「 このビルと共にウン十年 」の排骨屋さんがある。


e0256224_0412916.jpg


もちろん注文するのは、排骨飯。そして、サイドディッシュとして炸蝦巻


一番に蝦巻きが出てきました。

e0256224_10445977.jpg



続いて、排骨飯のご飯部分と、わかめスープ。

スープは、調味料忘れてんじゃないかと思う程 激薄味ですが、

e0256224_10453412.jpg


ご飯は味わい深そうなものが色々と。
魯肉飯にかかってるような肉そぼろを始め、豆干、炒めキャベツ、搾菜、

e0256224_10452920.jpg

これを混ぜ混ぜして食べただけで、十分美味しいハズなのだけど、

丼飯を横から上から写真を撮りながら、待つ事1,2分。

最後に排骨の登場。

e0256224_1046721.jpg


排骨って、何となく甘辛味というイメージがあるんだけど、
ここのは、甘さ控えめです。むしろスパイシィ。
表面に見える黒いつぶつぶ、黒胡椒がよく効いてて、うまい!

排骨の名わき役、胡瓜の酢漬けを、時々 間にはさみながら、ご飯、あーんど、スープ、、、と
テンポよくお口に~

こうやって、いとも簡単に食べきれてしまうのだ。困ったもんです。(´,_ゝ`)フッ・・・

あ~、満腹満腹。

金園排骨
台北市西寧南路70號B1(萬年大樓樓下)
02-2381-9797 

この萬年大樓、通称「オタクビル」と言われているようですが、3階に登ってみてガテンがいった。
ガンダム、戦闘機モノの等々のプラモデルに、萌え系フィギュアなどのお店があり、
それっぽい男子がチラホラと、笑。



ビルを出て、西門をプラプラ。

朝夕は若干暑さも和らいで来た今日この頃ですが、昼間はまだまだうだる熱さの夏日。

なので、プラプラは即断念。

涼を求め氷屋さんへ~

三兄妹 HP
台北市萬華區漢中街23號
02-2381-2650
11:00-22:30

e0256224_0463870.jpg


私はシンプルにタピオカ豆花。旦那さんは、マンゴー雪花冰。

あ~、放熱放熱。


本能のままに行動してます。^^;


ランキング参加中。お帰りの際1クリック押してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ




[PR]

by haletpe | 2012-09-07 10:52 | グルメ  屋台・食堂系 @ taiwan | Comments(4)

金仙魚丸の排骨飯@迪化街

2012ハワイ旅記録の1日目をやっと終えたところで、
普段の生活、台北ネタにいったん戻ります。

しばらくネタがあっち行ったりこっち行ったり入り乱れますので、よろしくです。


+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

先日の4連休、陽明山に桜でも撮りに行こうと思っていたのに、見事に雨続きで出れず。
他に特に楽しい事が思いつかず、久々に台湾B級グルメ探訪に行ってきた♪

たまたま本屋さんでチラ見した 日本のガイドブックの最新版に掲載されていたお店、

金仙魚丸 永楽市場分店

乾物街で有名な迪化街にあって、排骨飯が美味しいらしい。

多分、あのゴチャゴチャ~っとした一角なんだろうなー、と予想して行ってみたらやっぱりそうだった。

色がハゲハゲの看板に、斜めってるテント屋根、、、

e0256224_15442445.jpg
(ハワイフォトからの落差、激しすぎですかね。^^;)

このうらぶれ度合は、長く愛されている老店(老舗)の証し(?)。
昼時を若干外して行きましたが、お客さんは入れ替わり立ち替わり、、、

久々、当たりの予感。


まずは、蝦仁湯。蝦すり身団子のスープです。40元。

e0256224_16304083.jpg


こちらのお店は、蝦巻(蝦のすり身揚げ)も評判みたいなのですが
このスープに入った蝦団子も、QQプリプリでおいしかった~。スープもちゃんと味があります。^^

そして、お目当ての排骨飯。メラミン製ですが、フタ付きの丼で出てきます。
こういうのって何だか、日本文化の(日本統治時代の)名残りっぽいなぁ。

e0256224_16483849.jpg


排骨飯とは、豚のあばら骨付きの肉に 味付けをしたものを揚げたもので、
それがご飯の上に乗っかった、言うなれば「揚げ豚丼」。

カツ丼ともまた違う、台湾のB飯です。

蓋開けまーす。


e0256224_1329384.jpg


the 男の丼!な風貌です ♡

俳骨の下には、茹で青菜・炒めキャベツ・油豆腐など副菜が入っていて、その下にライスがあるのですが

e0256224_1754038.jpg


普通の白ご飯ではなく、どうやら魯肉飯のようで、肉そぼろ的なものがかかってます。

お肉は、揚げたと言うより焼いた?っぽいような感じ。揚げ衣が薄付けだからなのか、素揚げなのか?

肉質やわらか、油っこさもありません。

んめーーーーー!

e0256224_13322491.jpg


気に入ると、立て続けに行ってしまう派。昨日、また行ってきた。^^;

平日のランチタイム、近くで働く人達なんだろうな、お客が大挙して押し寄せてました。

で、また排骨飯を食べちゃったんだけど、副菜は日によって変わるのか
青菜・キャベツではなく、白菜炒めとタケノコの煮物が入ってました。

蝦巻が上に乗ったバージョンのを食べてる人も多かったです。
お店の看板の絵も、よーく見るとエビだし、やっぱり蝦巻が必食看板メニューなのかも。
次は、試してみたいと思います。


金仙魚丸 永楽市場分店 旅々台北の記事
住所:台北市南京西路233巷19号
TEL: 02-2559-4392

迪化街って、アテンドでカラスミ買いに行く時ぐらいしか行かないんだけど
久しぶりに行ってみたら、興味をそそられるものが。引き続き、レポします~。


ランキング参加中。お帰りの際どちらかを1クリック押してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ



[PR]

by haletpe | 2012-03-07 14:53 | グルメ  屋台・食堂系 @ taiwan | Comments(8)

初心を思い出す 「正老牌魷魚平」

since 2008年、台湾生活とともに始めた当ブログ。一応3,4年やってます。

ですが、、、まぁ、気付いているコアな読者様はいらっしゃらないと思うんだけど、^^;
2008年あたりの記事がバッサリ無くなっております。
ブログを引越しする時に、一応全部引っ張って来てはいるんですけどね。
古い記事を整理したかった、て事もブログ引越しの理由だったりするので、
アップするかしないを含め、ただ今諸々調整中です。

でも、古い記事の検索ワードでこちらに辿り着かれる方も結構いらっしゃるので、
再訪記事かねて、新たにリメイクものを作ろうかと思いまして

最近、初期の記事で紹介したお店をちょこちょこ再訪しまわってます。

+ + + + + + + + + +

その第1弾のお店。

来台当初、ガイドブック片手に一人で訪れた日の事を今もよく覚えています。
以後、何度か訪れてはいますが、ここ1年以上はご無沙汰してました。

炒米粉(ビーフン)スープのみで勝負している西門町の 正老牌魷魚平


e0256224_1811394.jpg


米粉ともやし、その上に肉そぼろをジャッとかけただけのシンプルな炒米粉。
台湾ではよくある基本の炒米粉のスタイルですね。
たまに、油っぽいモノに出くわす事もありますが、ここのは全然大丈夫。

本場新竹の炒米粉は未体験だけど、とりあえず、台北ではここの炒米粉がイチバン好きだ~

e0256224_20333.jpg


肉そぼろの味がまた絶妙。↓ 食べた瞬間、甘醤油系豚ひき肉の旨味とニンンクのフレーバーがほわ~ん。
ビーフンの歯ごたえと、シャキシャキもやしの口当たりも楽しい。

e0256224_12274997.jpg


そんなに量も多くないので、一皿ペロリです。

そして、いかのすり身のとろみスープ 魷魚羹
いかのすり身・大根・黒きくらげ・タケノコ・金針花と具だくさん。
その上に、九層塔がパラリと。(以前は香菜だったと記憶してるんだけどなぁ・・・)

e0256224_1431245.jpg


いかのすり身はプーリプリで色々な旨味がスープに出てるんだろな、濃厚で滋味深い味。

※注文すると、辛いタレと九層塔(香菜のようなもの)が要るかどうかを聞かれます。
不要の場合は、「不要辣(プヤオラー)」、「不要香菜(プヤオシャンツァイ)」と言いましょう。


創業1965年、もうすぐ50年老店となるこちら。
飲食店の淘汰が激しい台湾では、なかなかすごい事です。

初めて来た時のような「なんじゃこりゃー!」な感動はありませんが
長年お店が続いているにはワケがあって、久しぶりに食べても
満足感と言うか口福感と言うか、やっぱり美味しい♪

久々にこちらの2大勝負メニューを堪能いたしました。

何でご無沙汰してしまってたんだろう、また近々来よう。

正老牌魷魚平
台北市萬華區康定路2號 地図
営業時間:10:00~21:00 
定休日:月曜


久しぶりに来てみたら、看板が平面から3Dにバージョンアップしてました。しかも、このツブツブは電飾か。

e0256224_18114115.jpg


お店は相変わらず、路上にテーブルと椅子を並べた半屋台風だったけどね~。^^



[PR]

by haletpe | 2011-12-21 19:06 | グルメ  屋台・食堂系 @ taiwan | Comments(4)

朝から外食 世界豆漿大王

こういうネタは、ご旅行の方のほうがきっとお詳しいんだろうな。

台湾の朝ごはん

実はワタクシ、そういう店に行った事がありません。

旦那は、家でネットでニュース見ながらゆっくり朝食を食べたい人だし、
住んでると、わざわざ朝ごはんを食べに出掛けるという気分にならないもので
とにかく、台北暮らし3年超になりますが、行った事がありません。

旦那が日本に出張で不在だったので、
昨日、思い立ってひとりで近所の朝ごはん屋さんに行ってきました。

中山北路の国賓飯店の裏手にある「世界豆漿大王」。

ずっと前から一度トライしてみたかった、

鹹豆漿

e0256224_1231719.jpg

目が覚めるような、真っ黄のテーブルだった^^;

台湾では豆乳の事を豆漿と言うのですが、その前に「鹹」という字が付くものは
酢、醤油、ラー油などで味付けされたもので、ネギ・桜海老・榨菜・揚げパンなどの具が入ってます。
酢の作用で豆乳がゆるく固まるそうで、まさに食べる豆乳。

とにかく、入ってる具からして全部好きだし。
半固まりの部分とスープと具を一緒にスプーンですくっていただきます。
温かくてやーさしーいお味。お酒飲んだ翌日なら、五臓六腑に染み渡る~というところでしょうな。


そして、もうひとつ注文したのが菜脯蛋餅

e0256224_13275842.jpg


クレープみたいな生地に卵焼きを入れて焼いた普通の蛋餅に、
菜脯(切干大根の漬物)が入っているバージョンのものです。

これがですね、大ヒットでした。

ふわんとした卵焼きの味と、菜脯のほどよいしょっぱさのバランスが絶妙。
カリツと香ばしく焼き付けられた生地の食感と、菜脯のコリコリ感もイイ!
台湾料理としても有名な菜脯蛋(切干大根入りオムレツ)が美味しいのだから当たり前なんだけど、
まさに名脇役「菜脯」だ。

本来は、テーブルにある甘い醤油ダレみたいなのをかけるものなんだろうけど、
なくても美味しい。いや、これは多分ない方が美味しい、笑。


こちら朝ごはん屋さんだけど、昼近くまでやってるみたいです。
低血圧グズ野郎な私でも間に合いそうなので、また訪れてみたいと思います。


世界豆漿大王台北ナビの記事
台北市林森北路310巷27号 地図(02)2567-3115




[PR]

by haletpe | 2011-11-28 15:11 | グルメ  屋台・食堂系 @ taiwan | Comments(8)

辛い麺が食べたい時に 韓記 老虎麺食館

ブログ引越し後、一発目の台湾グルメネタは

韓記 老虎麺食館

e0256224_163139.jpg


ここは来台当初から気になっていたお店だったんですけど、
気づいたら店がどっか行っちゃって(もともと忠孝新生辺りにあった)、、、行けずじまいのまま
記憶からも消えてしまっていたのですが、先週、たまたま永康街をタクシーで走っている時、
通りがかりに看板を発見したので、早速行ってみた。

注文したのは、↑トップの写真のもの。韓記の看板メニュー老虎麻辣燙

辛さは、「辛くない・小辣・中辣・大辣」の4段階から選べます。
この日は「中辣」を選びました。(唐辛子マーク2個)
お肉は、「牛肉・豚肉・羊肉」の三択で牛肉をチョイス。
麺も春雨などの選択肢がありますが、とりあえず普通に拉麺を。

待ってる間に、↓セルフコーナーの酸菜&辣蘿蔔、そして緑豆湯を取りに行って着席スタンバイOK~

e0256224_17333290.jpg

ほどなくしてやってきた、老虎麻辣麺。

e0256224_1554778.jpg

牛肉系の麺と言えば、大抵ブロック状の牛肉なのですが、
ここのはしゃぶしゃぶのお肉のように薄切りです。

登場姿の写真を大急ぎで撮って、スープを一口、、、

か、辛ーーーーい!

”初めて食べるのなら、とりあえず小辣がいいと思うよ、結構辛いから。”

という店のお姉さんのアドバイスを無視して、「大丈夫~」と中辣にしたあたくし。
一応、涼しい顔を装ってはみましたが、目の周りにじんわり汗が、、、。

セルフサービスの緑豆湯(緑豆のおしるこのようなもの)は食後のスウィーツにあらず。
辛さを緩和するためにあるのだと分かりました。^^;

でも、このスープかなり好きな味です。 
台湾の辛い鍋、麻辣火鍋のだしみたいな感じのスープだ。


e0256224_182233100.jpg

麺は、細めのうどんのような縮れ麺でスープとほどよく絡みます。

e0256224_18224789.jpg

具は、豆もやし・豆皮・鴨血が初めから入ってて、プラスあらかじめ選んでおいたお肉が一緒に入るわけですが、
これに豆腐でも入ってりゃまさに火鍋だなぁ。
※鴨血が要らない人は注文の時に伝えると、かわりにもやしか豆皮を多くしてくれるようです。

麻辣火鍋気分の時にはいいかも。鍋より手軽だし。


e0256224_16224576.jpg



で、この麺がたいそう気に入ったアタクシ。この日から1週間もしないうちに再訪いたしまして
同じものを小辣でいただきましたが。これがちょーーーどいい辛さで
ずーーっとスープをすすっていたいような、、、♪ はぁ~、美味しかった。

韓記には、ジャージャー麺など他にも何種類か麺料理がありますし、餃子、滷味系の小菜などの
サイドメニューもあるので、また行ってみたいと思います。

韓記 老虎麺食館

金華店
台北市金華街203号 地図
(02)2391-3483
11:30~14:30、17:30~21:00

微風店
台北市市民大道4段56号
(02) 2711-1595
11:30~15:00、 17:30~ 21:30

[PR]

by haletpe | 2011-11-03 21:26 | グルメ  屋台・食堂系 @ taiwan | Comments(2)

ただいま台北 とりあえず魯肉飯をかき込みに


久々の台北の空は、まぶしかった。


IMG_3660a.jpg

街路樹の花が満開。

青い空にピンクパープルが映えすぎて・・・、
肉眼で見ても、このハイコントラストは目が痛かったわ。^^;


IMG_3659a.jpg

写真では何だか爽やかげだけど、もわ〜っと体にまとわりつく湿気、30度超えの暑さっ。
忘れかけてたけど、台北の初夏ってこんなだったなぁ。。。

とりあえず、マンションに入って当たり前のようにエアコンを入れる。

心地よい冷気を浴び、移動の疲労を癒してたら

エアコンから水が、ポトッ・・・ 
ポト、ポト、ポト、ポトポトポトポトポトポト、トトトトトトォォォ、、、、ジョバーーーー!

みるみるうちに真下のソファがビッショビショに。

しばしボーゼンとするも、バケツバケツ〜!

   

これも、忘れてたわ・・・・。台湾のマンションにありがちな事だったわ・・・。
にしても今回はひどいわね、しかも帰って早々5分でこれかよ。
とりあえず、大家さんにコンタクトを取って、一息。

はぁ、、、早朝起きの睡眠不足と移動疲れが、この衝撃でふっとんだわ!

気を取り直して、ずっと楽しみにしてた台湾メシでも食べに行きましょう。


+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +


♪これがずっと食べたかった♪

雙城街 黄記の魯肉飯(ルーロー飯)

e0256224_142791.jpg


トップの写真とうって変わって、彩度低・・・な茶色画像が続きますが
一緒に頼んだおかずは、油豆腐と魯蛋(煮たまご)。↓

IMG_3588a.jpg

魯肉飯をかっこんで、煮汁がよく染みた油豆腐もお口に。
そして、箸休めにパクっと煮たまご。

ほぇ〜、言い知れぬ満足感〜。

数十元で、ご機嫌も直った。

台湾って、まぁ実際に住んでみると色々あるんだけど、
私にとっては、こういう安ウマグルメの存在が大きくポイントを稼いでいるのは確かだわ。^^;



さて、この黄記。○黄(マルキ)と呼び親しみ、
このあたりに住んでた時代からチョクチョク行ってるお店。
そう言えば、ちゃんと記事にした事はなかったけど、

IMG_8599b.jpg

過去記事にチラッと紹介してます。

看板見てると、魯肉飯や{火空}肉飯がメインっぽいけど、鶏肉飯も美味しいよ。(画像左)
右の写真は、竹筍排骨湯。小吃店によくある薄すぎスープとは違う。
タケノコの甘い風味と、排骨のコクがちょうど良いころあいで好喝です!

IMG_8595b.jpg IMG_4071a.jpg

何を食べても大体おいしい。手堅いというか、安心というか。^^
早いうまい安い、優秀食堂。

黄記魯肉飯
台北市中山北路二段183巷28號 地図
TEL:02-2595-8396
営業時間:11:00-22:00 月曜日お休み



[PR]

by haletpe | 2011-06-23 20:53 | グルメ  屋台・食堂系 @ taiwan

屋台グルメ 塩水鶏

今週から、うちの旦那も怒涛の「尾牙(忘年会)ウィーク」に突入の模様。

よって、この平日5日間は、晩御飯作る必要なし。
嬉しいような、寂しいような、やなぁ

そんなひとり家飯の日、一人分を料理するのが面倒だなぁという時、
滷味の次によく買いに走るのが、

塩水鶏 。北京語では鹽水鶏。

e0256224_14385183.jpg


どこの夜市にも一軒はあるだろうってぐらい、メジャーな屋台小吃です。

塩水鶏ってのは、塩水で煮た鶏肉の事。
腿とか、手羽とか、トサカとか、色々な部位があるのですが
肉以外にも、野菜・豆腐・昆布・ホルモン系などなど、色々食材があるので
それを指差しでチョイスします。

鶏肉は、キッチンバサミを使って、骨を取り除きながら、
あるいは骨ごとバッチンバッチンとカットします。他の食材も同様にカット。

IMG_1079a.jpgIMG_1081a.jpgIMG_1082a.jpg


これに胡椒とか、何か塩味っぽい液体の調味料?を振りかけ、
葱、千切り生姜、おろしニンニクを投入して、ざっくり混ぜて出来上がり。

自宅でお皿に移した状態↓

鶏肉50元、+ 他の具材3種(茹でブロッコリー・豆腐・胡瓜)50元で、
たしかこれで100元だったかな。

IMG_1091a.jpg

これがいい塩加減でしてねぇ、
飲兵衛さんからの支持率はかなり高いものと思われます。



[PR]

by haletpe | 2011-01-17 20:08 | グルメ  屋台・食堂系 @ taiwan

新年B級始め 覇[火空]肉

あー寒い・・・

今年はちょっと異常に寒くないかい・・・?
しかも、ここんとこずっと曇り雨雨雨曇り雨〜。太陽を数日見てません。

さっき寧夏夜市の前を通ったら、休んでるお店も多かったしお客さんもすごく少なかったなぁ。

サブイ〜サブイ〜

我が家のエアコンは冷房機能しかないもんで、去年ヒーターを買ったんだけど →
しっかり着込んでないと、ヒーターだけじゃ暖かさは不十分。
ヒーターを真横に置いて、PCやってます。


さて、重すぎる腰を上げまして、仕事始めならぬ、B級始め。

一発目はまさに庶民的食材、即席袋麺を使ったメニューがあるお店の話。

「 覇焢肉 」
住所:台北市中山北路1段140巷18-1号
電話:(02)2523-8921
営業時間:11:30〜20:00
定休日:日曜日
交通:MRT中山駅から徒歩約5分 
三越の裏手、食堂系のお店が立ち並ぶ道にあります。


インスタント麺と言えば、やっぱり王子麺かなぁ。
私にとっては滷味にはせない食材ですので。
滷味の煮汁を吸った王子麺をこよなく愛しておりますの。

で、この店の王子麺を使ったメニューが、焢肉王子乾拌麺↓ 

e0256224_15271371.jpg


具は、 焢肉(=豚の角煮のようなもの)・煮玉子・キャベツ炒め・厚揚げ・香腸(台湾ソーセージ)、、、
台湾のウマシものが色々載っとります♪


そして、その下にあるのが、王子麺。

IMG_1698a.jpg

麺は焢肉の煮汁がちょっとかかった程度の味で
個人的にはもう少し味を付けてほしいところですが
おかずがしっかり濃いので、大丈夫。

ざっくり混ぜておかずと一緒にイタダキマス!


焢肉はトロトロ軟らか。やっぱり台湾は豚肉が美味しいわ〜。

テーブルにある豆鼓の効いた辣蘿蔔乾(辛い大根の漬物)を
入れると、ピリっとアクセントが付きます。

IMG_1712a.jpg IMG_1713a.jpg

王子麺シリーズはこのほかに、豚脚・俳骨・焼肉・鶏肉とあって計5種。
同様に、普通の白御飯バージョンもあります。
麺にも飯にも全てにスープが付いていて、大体75元〜80元ぐらい。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


今年もたくさんの、安い・ウマイに出会えればいいな。

そして尚且つ、台湾に来た頃の体重に戻れたらもっといいな〜〜。ヽ(´A`)ノ

何となく相反する新年の豊富と願望でした。




[PR]

by haletpe | 2011-01-11 23:49 | グルメ  屋台・食堂系 @ taiwan

さむ、、、滷味買いに行こ

昨日今日と台北に寒波が来ている。

あたし的には、今年度初の「白い息」でした。

本日の晩御飯。

今日も旦那さんは接待で帰ってこないし、寒いし、近所の屋台へ滷味を買いに行ってきました。
お一人様テイクアウト家飯での登場回数は、ダントツトップの滷味。

滷味とは好きな具をセルフで選んで、それを煮込んでもらうっていう台湾屋台グルメ。
→ 詳しくは過去記事ご参照ください

煮込んでる鍋の前はあったかかったな〜

具は、キャベツ・春菊・厚揚げみたいな豆腐・レバー
そして忘れてはならないのが、インスタントラーメンの王子麺!

一応、お皿に盛ってみた。

これで100元。

IMG_1272a.jpg

「大口吃遍台湾」を見ながら滷味を食べる。
MATSUという日本人レポーターが台湾中を食べ歩くという番組 

地味ながら、台湾を感じる夜。^^;



[PR]

by haletpe | 2010-12-18 01:42 | グルメ  屋台・食堂系 @ taiwan