台中で鶏の丸焼きを食す


台中 short trip ランチ編。

+ + +

台中で何を食べるか?

これには計画段階から結構悩んだ。
特に、台中市内はこれと言って台北と変わり映えするものが無さそうなので。

台中と言えば、「鼎王麻辣鍋」の発祥地だけど、もう台北にあるし、
台中 = おしゃれなお店が多いってのはよく聞くんだけど
日本人としては、台湾の国内旅におしゃれレストランってあんま必要ない気がするし・・・

で、悩んだ挙句のチョイスが

鶏の丸焼きの店。

e0256224_1858150.jpg



こういう釜?カメ?で蒸し焼きにする甕窯鶏
っていう鶏料理なんですが

e0256224_1858246.jpg


よく考えたら、これって宜蘭の礁溪あたりでよく見かけるやつ・・・?

ま・・・、あえて台中で、ってのもいいでしょう。

丸焼き鶏、一度食べてみたかったんだ。



お店の入口の脇に、調理場があったので

「写真撮ってもいいですか?」と聞いてみたら、店員さん快諾。

e0256224_1859548.jpg


薪で下から加熱するんですね。
ふたを開けて調理途中の鶏も見せてくれました。




これは、頼んでないんだけど^^;、
鶏を持ち上げて「はいどうぞ、撮って撮って」。(笑)

e0256224_18593938.jpg



そして、

「撮ってあげる、カメラ貸して」と、

友人が、その鶏を持たされ、無理やり撮影されている現場・・・( ̄∀ ̄;) 

e0256224_1903056.jpg

店員さんノリノリです。微笑ましいです。




若干グロいですが、、、出来上がりの鶏さん。
美味しく頂きますからね・・・(。-人-。)

e0256224_1905230.jpg




切って持ってきてもらいました。

e0256224_1913115.jpg


皮、照り照りでパリパリ。
お肉、柔らかジューシィ。

美味しいーーーー♪

右下の紙碗に入っているのは、調理中に出た鶏の油。
これにお肉を付けて食べてもグーなのです。




そして、鶏油麺線&鶏油飯

e0256224_19221100.jpg


共に、上記の鶏油で調味されたモノなのでが、これが想像してた以上に美味しかった。
麺線の方は合え麺みたいな感じなんだけど、鶏の香ばしフレーバーがたまらん。
脂っこさもないし、すごく食べやすくてンマイ。


写真右の鶏油飯。
ご飯の上にのっかってる黒いのは、葱&鶏油のMIX醤。

猪油飯とか、鵝油拌飯とか、
台湾の油かけ系のご飯って美味しいんですよねぇ~。脂質と糖質のダブルですけど・・・


この鶏油、瓶詰で販売されていたので、買って帰りました。


上の写真では、アウトフォーカス部分になってて分かりづらいので、自宅で撮り直ししてみた。

瓶には「吉利醤」と書かれていて、成分のところを見ると
土鶏油・紅葱大蒜・塩・醤油・調味料、となっています。

e0256224_1931122.jpg

色々入ってるみたいなので、ほんとに「鶏油」というより「醤」なんですね。

鶏油と葱の固形部分が分離してますので、スプーンでまぜまぜしてから
温かご飯に乗っけますと、鶏油がじわ~んとご飯に染みてゆきます。

焦し葱?焦しニンニク?、鶏のスモークフレーバー???
どれが効いているのか分かりませんが、何だかとにかくスモーキー!
適度な塩っけとの相乗効果で、ご飯が止まりません~

e0256224_1934825.jpg


色んなものにかけてみたくなる。
調味料としても使えるかもなー。

台湾の瓶モノショッピング、思いがけずのヒットでした。

お店でいただいた鶏も、ほんとに美味しかった。
何とな~く、で決めたお店でしたが、当たりだったようです♪

咕咕香甕缸雞

台中市西屯區三段89-2號 地図
04-24627393 0915-375599
12:00-00:00







[PR]

by haletpe | 2014-06-21 19:06 | 台湾 お出かけ

虹の村へ


” 虹の村へ行こう ”


そんなファンタジーなお誘いに乗っかって


訪れた小さな小さな村、 「彩虹眷村」



e0256224_1516533.jpg


そこは、虹の7色を超える極彩色空間だった。




この村の建物の壁という壁は、ほぼペインティングで埋め尽くされ、

e0256224_21471014.jpg

道もそのキャンバスの延長であり、




e0256224_0561081.jpg


芸術が爆発している。


一見、若手アーティスト集団が、勢いでやっちゃった作品かのようにも見えるのだけれども、

e0256224_21174966.jpg


何と、

この村の住人のひとりである90代のお爺さんが、ひとりで描いたものなのだそうな。
(あ、ここ人住んでます。)

80歳後半から、コツコツと描き始めたのだとか。


一体何でまた???

お爺さんの答え → 「退屈だったからさ」

か、かっけー・・・。


e0256224_1914328.jpg




この「彩虹眷村」の詳細については、台北ナビに詳しく書かれているのでリンクを貼っておくとして → 


今やちょっとした観光名所になっているようで、
連日、たくさんの人がここを訪れています。(参観無料)

写真には人っこ一人写っておりませんが、
実際は、平日の午前中だと言うのにわんさと見学者がいました。



訪れた人が書き残していったメッセージ。虹のカードかわいいですね。
願い事なんかもあるんでしょうか、絵馬のようにあっちこっちに沢山ぶら下がってました。

e0256224_1444130.jpg


ポストカードやTシャツなども、村の中で絶賛販売中!



人、鳥、パンダ、猫型ロボット、、、

思わず笑っちゃうような画風なんだけど、1点1点どれも味わい深く

e0256224_14403995.jpg


そして、なぜかほっこり。

何となく台湾らしさを感じます。





お爺さん家のポスト

e0256224_13115094.jpg


お爺さんは今現在も、ここで創作活動を続けておられます。

タイミングよければ、たまにご本人に出会えるみたいです♪

台中のオススメスポットです。


彩虹眷村
台中市南屯区春安路56巷 地図
 ※私達は新幹線 台中駅からタクシーで行きました。15分ぐらいだったかな



やる気スイッチ設置してみました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ



にほんブログ村 写真ブログへ





[PR]

by haletpe | 2014-06-07 20:08 | 台湾 お出かけ

美人の芍薬様 来了


再開した勢いで、頑張って連投。(。-∀-)

春の花 コデマリに続きまして、

日本では5月~6月ごろのみ出回る季節限定:初夏のお花、
芍薬です ♡ 

e0256224_055771.jpg


芍薬は、英名をピオニーと言って、ヨーロッパの花写真などでもよく見かけるお花ですが
牡丹をはじめ芍薬って、シノワなイメージもありますよね。
でも、中華圏でもここ台湾にはありません(多分)(-ε-)、まぁ基本的に、暑い国だからでしょうね。

そんな和洋中何でも来いの芍薬を
コデマリに続き、内湖の花市場でまた発見。

お店の人に聞いたら、やっぱり日本からの輸入品でした。
5輪 400元(1円=約3.4円)でゲット、あれ?安いー♪
既にかなりお花が開いてたからでしょうね。


この子は、多分”レッドチャーム”という品種の八重咲大輪種。

1輪でもゴージャス。
そして色、まさに「深紅」。

色・形ともに魅惑的すぎる。

立てば芍薬、、、美人の代名詞と謳われる花ですからね、ほんとに美女の風格あります。

e0256224_10375358.jpg



また掘り出し物を見つけに、花市いこう♪



+ + +

花市場、立地的に気軽に行けるのは週末の建国花市ですが、
内湖の方が切り花の品数は全然多いです。

3月に市場ごと引越ししましたので、建物も綺麗になってます。

内湖花市場 HP

台北市內湖區新湖三路28號.36號
02-2790-9729 
営業時間 2014花市カレンダー
 

隣がcostcoなので、ついでに買い物もできて便利になりました。
ただ、costcoで買うものは大体ビッグ&ヘヴィなので、
車がないと、花も一緒に抱えて帰宅するのはちょっと大変だケドネ。┗(-_-;)┛




やる気スイッチ、、、?

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ



にほんブログ村 写真ブログへ




[PR]

by haletpe | 2014-06-02 10:24 | 日記とかつぶやきとか