西門の排骨酥麺

e0256224_225642.jpg


旧暦お正月休暇突入中の、台湾です。

大晦日101で花火を見て、元旦は再放送で紅白も見て、
1月5日からの旦那の仕事始めを経て、、、

またお正月です〜お酒
トップの写真、「赤いシリーズ」、台湾のお正月という事で今回も真っ赤で始まります。

ですが、うちの旦那君、日曜日から風邪でダウンしてしまいましてね。
何て間が悪い・・・! 怒り と不機嫌になってはイケマセンね、仕事中は気を張ってるんでしょう・・・。
昨日は一緒に病院デビューしてきました。

大型連休/民族大移動であんまり患者さんも居ないだろうなんて、思ってたんですが
大間違い!!!緊急病棟は、「もう帰ろうっっ」三 (lll´Д`) と思うくらいの人でした。

明日から旦那は仕事で日本に帰ってしまうし、地味に休暇を過ごしますよ、あたしゃ。

さ、更新。 今日は久々に台北B級グルメ。

お目当ては、排骨酥麺。
「排骨」 = 骨付き肉の、「酥」 = サクサクしてやわらい、麺。
北京語の教室にも行ってないので正式にはよく分からないんですけど
お肉のから揚げが入った麺、という事みたいです。

カルフールでの買い物も兼ねて、西門へ。

      IMG_1572.jpg
何かの雑誌が強力に推薦してるらしい。お昼時、お客さんもたくさんいたので
期待を込めて入店しました。

お店は、いかにも台湾のローカル食堂という雰囲気です。
メニューもよくあるビジュアルの。
IMG_1568.jpg



大量のカラ揚げが、ドリフを彷彿させるデッカイ金タライの中で
一人前ずつ小分けされてスタンバッてます。

e0256224_21595920.jpg


e0256224_2202435.jpg



排骨酥麺です。メニューでは排骨麺ってなってるけど、これのことです。
この日はとーーっても寒かったので、あったかいスープをすすります。
あら!ウマイーーー。紅焼牛肉麺ほどの重さもなく、台湾でよくある
パンチゼロの薄味のスープでもなく、ちょうどいい、コクもあります。

e0256224_2205425.jpg

香菜が乗ってますが、やっぱこういうスープには合うんだなぁ、と再確認。
お嫌いな人も多いと思うけど、ホントあった方が美味しいんだよ〜。

排骨がゴロゴロ入ってます。こういうのって、「骨ばっかり」な事が多いんだけど
ここのは肉の比率も高し。よく味のしみこんだ豚から揚げです。

e0256224_2213586.jpg


ちょっと太めの麺、そんなやわやわすぎる事もないし、結構いい茹で加減だと思います。
スープともよく絡んでウマシ。
        
e0256224_222054.jpg


排骨系・・・、台湾に来てずっとそのカロリーの高いイメージから敬遠してて
あんまり食べたことななかった。
(敬遠してた割には、全く結果の伴ってない体系へと変貌してるけど・・・)

ここの排肉麺、気に入りました。食べ比べメニューに追加だ。

西門町 楊排骨酥
台北市漢口街二段17號
電話:02-2388-6488

中華路×漢口街を西へ曲がって、ちょっと歩いたところの右手にありますよ。
[PR]

by haletpe | 2009-01-27 00:00 | グルメ  屋台・食堂系 @ taiwan