雲南料理と言えばここやねぇ

台北に住む日本人の方には、これがどこのスープなのかはすぐに分かると思います。

         マメ002

そうです。雲南料理のお店 人和園雲南菜の豆スープ。

駐在妻にも大人気の有名店!らしいのですが、私は割と最近になって初めて行きました・・・。
ガイドブックにもこの豆の写真と共に必ず出てるし
自分的には、マイナー路線を攻めたい傾向にあったので
この2年間、リストから外されてたのです。

 雲南003

6月下旬だっけな、駐在妻友達がマレーシアから台北に遊びに来てくれてね♪
そのアテンドで初めて利用してみたのです。
自分が行ったことのない店に連れてくってのも、どーかと思うんだけど、
「ここは間違いないから」って自信満々げに言っちゃうほど、日本人に評判がいいのです。

トップの写真の名物の豆スープ は淡白でありながら、滋味あふれるお味。
マメのプチプチが楽しい〜。 とにかく評判どおり、どれもハイレベルで美味かったのよ。

以来、まずは旦那を連れて行き、8月に来てくれた友達のアテンドにも使い、
今週、お友達太太とまた行ってきた。遅ればせながら、MYリピート店リストに追加されているのです。

これは、トマトとカブのマリネ。タイ料理の青パパイアサラダに似てる感じ。
ちょっと酸味が効いてて、スッパ好きは箸が止まりません。

       雲南006

絶対ゴボウだと思った!ってみんな言うよね^^↓、これは千切りきのこをカリカリに焼いたものです。
ほんのり塩味、唐辛子と一緒にいただきます。絶品!

       雲南005

これは、刻みらっきょとひき肉の炒め物
らっきょって、カレー以外のシーンであんまり登場する事ないですよね。
珍しさもあるのでとりあずウケますが、お味もめちゃくちゃイケます。 白飯にもよし、酒にもよし!

       雲南007

じゃがいもの千切り焼き。ピザみたいに円形にかたまってます。
これは想像の付くお味だと思うのですが、バリバリ〜バリバリ〜、これも止まらない系です。

雲南008

そして、最後の〆は・・・、過橋麺
この麺のいわれを説明してると長くなっちゃうので 旅々台北に丸投げしますが →
これも看板メニューです。

       雲南009

これ、麺とスープと具がバラバラで登場してきて、
店員さんがテーブルの上で調理してくれるのです。鶏がらスープと、ちぢれ麺。
「あっさり=ただ味が薄いだけ〜」、そんなスープが多い台湾では珍しく
これは、あっさりしてるけどちゃんとコクがあるスープです。

まぁとにかく、この過橋麺のパフォーマンス?も珍しいし、
ここは変わったお料理が多いので、とにかくアテンドには持ってこいの店だと思います。
全体的にあっさり系中華って感じなので
こってり味に飽きてきた頃を見計らって、旅の後半に差し込むといいでしょう。
そうそう、変わった料理と言えば、、、、
ここには虫料理もありますので、勇気ある方はぜひ旅の思い出に。


雲南地方とか陜西地方とかの料理って、中華の中でもマイナーだと思うけど
台北には、そんな珍しい料理を出してくれるお店もたくさんあるのです〜

人和園雲南菜
台北市錦州街16號1樓 地図
02-2568-2587



[PR]

by haletpe | 2010-09-15 16:18 | グルメ  レストラン系 @ taiwan