ストロベリーフィールズ@Central Park

旅行記。私にしては、いいテンポで進んでるじゃないか。
ノッてるうちに、どんどんやろう。

さて、観光の続きです。

ブルックリンブリッジを後にして、
観光バスをフルに使って更に移動します。

やや陽も傾きかけてましたが、
行けるところまで行こう!とアップタウン・ループに乗り換えて向かったのは、


e0256224_1114659.jpg



世界一有名なマンション、ダコタアパート(Dakota Apartments)です。

ここに、あのジョン・レノンが住んでいました。

そして、このアパートの門の前で、彼は凶弾に倒れたのです。


NY045.jpg


オノ・ヨーコさんは、今もここに住んでいます。


NY046_20101023191444.jpg


このマンションは、↑道路標識にもあるように
8番街、ちょうどセントラルパークの目の前に建ってます。

ジョンが愛したという、そのセントラルパークに

NY047.jpg


故ジョン・レノンを偲んで作られた「IMAGINEの碑」があります。
Designed by オノ・ヨーコ。

NY048.jpg


毎日多くの人がここに訪れ、こうやってお花を添えて行くのだそうです。


そこから、セントラルパーク内をブラブラして
芝生のグリーンが美しい ニューヨーカー達の憩いの広場、
シープメドウ(the sheep meadow)へ。


ちょっと来るのが遅すぎたなぁ。
遠くに見える鏡面仕上げ?のビルに夕日が反射してました。

NY049.jpg



春から秋口にかけて、ここはピクニックや日光浴を楽しむ人であふれかえるそうです。
この日は、絶好のピクニック日和の土曜日。
夕刻近くなっても、まだ沢山のの人がいました。

デリで色々買い込んで、ここでピクニック。次来たらやってみたい。

そんな時のテーマソングは、やっぱりコレだなぁ。




人々がこのセントラルパークに集い、楽しげに過ごしている様子をモチーフにした歌。
イントロからして名曲。大好きな曲なのです♪



[PR]

by haletpe | 2010-10-23 19:22 | NY旅行記 2010