日帰り台南の旅☆王道を食べ歩く その2

蝦仁飯を食した後は、町並みを見ながらボチボチと徒歩で移動です。

台南グルメの王道中の王道!のあの店へ。

初めての台南だし、ここを無視してはいけないような気がして。

台北にも何店舗も支店がある担仔麺(タンツーメン)の名店 「度小月」 本店

e0256224_05182.jpg


一度は食べておきたい本店の担仔麺。50元。


IMG_1299a.jpg

台湾は、ねぼけた味のスープが多いからスープ麺はあんまり食べないんだけど
担仔麺の蝦の出汁スープは、上品なコクがあって
久々に食べたけど、やっぱり美味しいなぁ。

IMG_1302a.jpg

このスープと、継ぎ足しで作られるという肉味噌と、おろしニンニクと・・・
小さな椀の中に、旨味が詰まっているのだ。

度小月 本店
台南市中正路16號
06-223-1744
11:30-24:00


しかし、蝦仁飯半分こと担仔麺1椀じゃ、まだぜーんぜんお腹にたまった感がない。
立て続けに、小吃店のはしごです。

次は、粽(チマキ)の店、「再発號」へ。

IMG_1315a.jpg

ここは、120年以上もの歴史がある南部粽の老舗。


特製海鮮八寶肉粽(特製海鮮八宝肉ちまき)。

IMG_1305a.jpg

このチマキ、一個 150元

高っ!でも、デカッ

こんなジャンボな粽見たことない。でも写真じゃ分からないですよね、、、
テーブルに置いてあった冊子によると、普通の肉粽:重量七両に対して
このジャンボ粽は十四両。重さの単位はよく分かんねけど、とりあえず2倍だ。
もちろん相方と半分こね

IMG_1306a.jpg

でっかいだけじゃなくて、中身の具もゴージャス。
鮑・貝柱・どんこ椎茸・イカ・桜海老・栗・卵・塩漬け卵の黄身・豚の角煮などなど。
これまた、旨味のつまった三角錐なのです。

甘醤油系のとろみのあるタレを付けていただきます。
自己主張の強そうな具がいっぱい入っているのに、総合的になぜかくどくはない。

もっちりした食感のもち米は、南部粽の特徴。
やっぱり、私は北部より南部タイプの粽の方が好きだなぁ。

とってもおいしかったです。

再発號
台南市民權路二段71號
06-222-3577
9:00-20:30

3軒はしごしたところで、満足度120%。うまいぞ、台南。

では、続きは次回〜。


[PR]

by haletpe | 2010-12-22 00:58 | 台湾 お出かけ