端午節にちなみ、粽作り体験


遅ればせながら、端午節快楽。

おとといの土曜日、台湾は端午の節句、端午節でした。(振り替え休日にならず~、悔)
週末は各地でドラゴンボートレースが開催され、盛り上がっていたみたいです。

さて、この端午節、
♪ チマキ食べ食べ ♪ にあるように、もちろん端午節発祥の中華圏でも粽(チマキ)を食べます。

e0256224_1321369.jpg


また四喜食品行に粽を買いに行こうかな、と思っていたのですが、
今年は、台湾朋友にお声をかけていただき、彼女の媽媽直伝で一緒に粽手作り体験をさせてもらえる事に!

しかも媽媽は南部の出身という事で、南部粽♪
台湾の粽は、北部と南部では作り方が違います。
私は、もっちりした食感の南部の方が好きなので、ふたつ返事で参加と相成りまして、

お宅にお邪魔すると、

もろもろの下準備を媽媽がぜーーーんぶやってくれてましたっっ

e0256224_1312670.jpg

中に入る具ですね、豚の角煮、栗、蘿蔔乾(菜圃=切干大根)、鹹蛋(塩卵)。
角煮、そのまま食べたい衝動に駆られます。蘿蔔乾は、干し椎茸・干し蝦入り、旨味の宝庫じゃないか・・・


そして、粽には無くてはならない、主役の糯米と、笹の葉っぱ。

e0256224_13193257.jpg

糯米はほとんど半生の固さではありますが、既に味付けがされていて、見た感じ既に油飯みたいで旨そう~。
糯米の中に花生(ピーナツ)、これが南部の特徴なんだそうです。

って言うか、、、、この下準備、相当手間ひまかかってますよね、、、。
何から何まで準備していただき、ほんまスンマセンって感じで・・・

そして媽媽の指導のもと、粽包み。

e0256224_13521574.jpg

二枚の葉っぱを重ねて、餡を入れる場所となる三角錐の部分を作り、
そこに糯米→具→糯米を順番に詰め、媽媽は高速かつ美しく包んでゆく~。

一方の初体験日本人4人、、、奮闘するも、「中身が漏れてきました」「笹が破れました」とやはり要領を得ず。
最後の難関、「紐で縛る」に手間取りまくりながらも、全部完成!

e0256224_14131462.jpg

手前のびしっと綺麗なのが媽媽作の粽。↑
奥の、紐の長さがバラバラのグダグダな感じのやつが、私達作・・・。orz

そしてこれをそのまま、ぐらぐらお湯が煮だった巨大寸胴の中で煮る事1時間。

茹で上がった粽を

e0256224_1425792.jpg

少し冷ませば、これでいただけます。



で、トップ画像の粽が、お持ち帰りさせてもらった自作の(包んだだけですが)粽。
昨日、蒸し直してアツアツをまたいただきました。

e0256224_14404216.jpg


媽媽の味付けが絶妙なんだよねぇ、もちもちでホントにホントに美味しい!

企画してくれたお友達 & 多分・・・一日がかりで準備してくれた媽媽~~、ほんとにありがとう!



ランキング参加中。↓お帰りの際1クリック押してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ




[PR]

by haletpe | 2012-06-25 16:01 | 生活編 in taiwan