虹の村へ


” 虹の村へ行こう ”


そんなファンタジーなお誘いに乗っかって


訪れた小さな小さな村、 「彩虹眷村」



e0256224_1516533.jpg


そこは、虹の7色を超える極彩色空間だった。




この村の建物の壁という壁は、ほぼペインティングで埋め尽くされ、

e0256224_21471014.jpg

道もそのキャンバスの延長であり、




e0256224_0561081.jpg


芸術が爆発している。


一見、若手アーティスト集団が、勢いでやっちゃった作品かのようにも見えるのだけれども、

e0256224_21174966.jpg


何と、

この村の住人のひとりである90代のお爺さんが、ひとりで描いたものなのだそうな。
(あ、ここ人住んでます。)

80歳後半から、コツコツと描き始めたのだとか。


一体何でまた???

お爺さんの答え → 「退屈だったからさ」

か、かっけー・・・。


e0256224_1914328.jpg




この「彩虹眷村」の詳細については、台北ナビに詳しく書かれているのでリンクを貼っておくとして → 


今やちょっとした観光名所になっているようで、
連日、たくさんの人がここを訪れています。(参観無料)

写真には人っこ一人写っておりませんが、
実際は、平日の午前中だと言うのにわんさと見学者がいました。



訪れた人が書き残していったメッセージ。虹のカードかわいいですね。
願い事なんかもあるんでしょうか、絵馬のようにあっちこっちに沢山ぶら下がってました。

e0256224_1444130.jpg


ポストカードやTシャツなども、村の中で絶賛販売中!



人、鳥、パンダ、猫型ロボット、、、

思わず笑っちゃうような画風なんだけど、1点1点どれも味わい深く

e0256224_14403995.jpg


そして、なぜかほっこり。

何となく台湾らしさを感じます。





お爺さん家のポスト

e0256224_13115094.jpg


お爺さんは今現在も、ここで創作活動を続けておられます。

タイミングよければ、たまにご本人に出会えるみたいです♪

台中のオススメスポットです。


彩虹眷村
台中市南屯区春安路56巷 地図
 ※私達は新幹線 台中駅からタクシーで行きました。15分ぐらいだったかな



やる気スイッチ設置してみました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ



にほんブログ村 写真ブログへ





[PR]

by haletpe | 2014-06-07 20:08 | 台湾 お出かけ